利益が出れば税金がある。ちょっとした手続きで税金を減らす!

NISA口座を活用して投資

株式投資をして売買益、配当金を受けることになればそれぞれに所得税がかかります。現在は20パーセントを少し超えた程度に設定されています。大きく利益が出た時に20パーセント近くを失うのはあまり投資効率としても良くありません。現在はNISA口座と呼ばれる投資用の口座があります。こちらであれば、利益に対する税金が一切かかりません。売買益が出ても、配当金を受けるときも出ませんから、すべてのお金が自分の手元に残ります。

損が出た時は繰り越し申告

株式の売買で、100戦100勝の人はまずいません。人によっては損で売らないようにすることもありますが、それはあまり投資効率を良くしません。一定以上下がったときには損切も必要になります。株式投資をする上で税金を少なくするなら、損が出た時も申告を行います。損は3年間繰り越すことが出来、翌年以降の利益と相殺することが出来ます。特に初心者の場合は最初は損が出る可能性があります。申告をしておけば、利益が出ても税金を減らすことが出来ます。

複数の会社で損益通算を行う

株式投資をするとき、特定口座があります。こちらで投資をすると、税金の計算や申告、納税まで証券会社が行ってくれます。ですから申告などの必要が無くなります。非常に便利ですが、税金のことを考えると申告をした方がいいことがあります。それは、複数会社で投資をしているときです。ある証券会社で利益が出て別の会社で損が出た時、それを損益通算するには申告をするしかありません。勝手に損益通算されないので、手続きを行いましょう。

株の信用取引の金利は証券会社によって2%から3.1%と大きな開きがあります。短期トレードが主体の人なら気を配る必要はありませんが、ポジションを長く取る人は少しでも安い金利の会社を選びましょう。