クレジットカードの上手な選び方と審査のポイント

自分に合ったクレジットカードの選択を考えよう

クレジットカード、日頃の買い物だけでなく多くの場面で利用できる場所が増えています。クレジットカードの中には店舗独自の名前で発行しているクレジットカードもあり、そのお店の利用でポイントが貯まったり、他の店での利用でも率は悪くなるもののポイントが貯まるなどの特典があるものが多くなっています。自分にあったクレジットカードを選択する時には、利用するお店や頻度などを考えて、1枚だけを持つのか数枚持つことで店舗ごとのポイントを効率良く貯めるという方法があります。基本的には3枚~4枚程度を所有して、買い物や用途に応じたクレジットカードを用意しておくと最も効率の良い買い物とポイント集めに役に立ちます。スーパ-やコンビニ、ガソリンスタンドなどは、企業ごとにクレジットカードがある傾向があるので、頻繁に利用するクレジットカードをメインとして、残りの2枚か3枚は自分の使い勝手を考慮したものをつくるのが良い選択方法なのではないでしょうか。

キャンペーン時に申し込む事が良いタイミング

クレジットカードというのは、発行する時には必ず審査がありますので、職業や他社での借り入れなどの状況によっては審査に通らない事も考えられます。特に日頃の買い物で利用をしている専業主婦の方などは、総量規制の問題もありますので審査にはあまり有利な状況だとは言えません。そこで良い方法として挙げられるのは、例えば日頃の食品を購入しているスーパーなどで、独自のクレジットカードを発行する時などには、これまでの普通のポイントカードからクレジットカードに変える事で特典があるようなキャンペーンを行う事があります。この時に申し込みをすると通常に申し込む時よりもかなり審査で有利になる事があります。もちろんその時には、キャッシング枠をなしにしておくことが審査通過のコツにもなりますが、日頃から利用しているお店のクレジットカードならば持っている事で様々な点で有利になる事も多いので、タイミングを考えながら良いタイミングで申し込みをするようにしましょう。

キャッシングはクレジットカードよりも

クレジットカードには、買い物の時に利用するショッピング枠というものと急な出費に備えたキャッシング枠というものが存在ます。多くの場合はキャッシング枠を申し込む時になしにすると審査に有利になりやすいという話も聞きますが、そもそもキャッシングを検討しているのであれば、人によってはクレジットカード会社のキャッシングを利用するよりも銀行や信用金庫のカードローンなどでキャッシングをする方が審査にも有利になりますし、総量規制対象外という事もあるので、利用価値が高い事が多くなっています。キャッシングを検討しているのであれば、限度額にもよりますが、クレジットカードだけでなく、金融機関や信用金庫などのカードローンなどを申し込む方が審査に通りやすくなる事もありますので申し込む前に、どちらが自分にとって有利になるかを検討するのも良い方法になります。

今やネットで買い物をする人は各世代でも60%を超えるほどのニーズがあります。当然買い物をすれば支払が発生しますが、やはり支払方法のメインと言えば簡単なクレジットカードですね。