資産運用にファンドを利用するのは得なのか

投資信託とファンドは違います

投資信託はファンドと呼ばれることが多いですが、ファンドは投資信託以外の金融商品が含まれていることはあまり知られていないですよね。ファンドの中には特定金外信託や匿名組合も含まれるのです。投資信託は行政監督下にある投資信託会社により厳しく管理された金融商品のため、ファンドの中ではしっかりとした管理が行われている優良投資商品と言えます。運用実績については各投資信託会社の運用方針によるものの、リスク管理は徹底されたものと言えるでしょう。

NISAを活用して節税を行う

投資ファンドを利用した資産運用を始める場合、NISAを利用すると非課税枠が年120万円あるので5年間で600万円の非課税枠を効果的に利用出来ます。税率が20%ほどあるので節税効果は考えているよりも大きいですよね。短期間で売買を繰り返すと、NISAの非課税枠を使い切ってしまうので、どちらかといえば長期間に渡る投資に向いている制度がNISAです。節税効果は5年で最大120万円にも上るので使い方には注意を払うと良いでしょう。

投資会社は乗り換えるもの

ファンドを運営している会社や団体は、ファンドの投資先について様々な方針を持っています。外国株式ファンドの中でもインデックス・ファンドを選べば長期運用時に利益を出しやすく、手数料も安いため投資信託の投資先に適しています。リスクをどこまで覚悟して取引出来るかにより、運用実績が異なるので投資ファンドは定期的に見直して運用実績や信頼度が揺らぐ場合には乗り換える必要があります。銘柄選びを行わないで済むファンドへの投資は始めやすいですよね。

ファンドの会社では高収入を得ることができるチャンスがあります。取引実績がそのまま能力給として給料に上乗せされます。