相続税の税理士選びに対策が必要!失敗しないための要点

事務所を確認!税理士選びの重要点

相続税の申告を税理士に任せたからといって、安心とは必ずしも限りませんね。税理士選びの対策として、押さえておきたい要点があります。まず注目したいのが、税理士事務所でしょう。事務所は、税理士が仕事をこなすために設ける拠点です。税理士事務所の外観や設備からは、税理士がどのような運営規模を持っているのかが分かります。また頻繁に税理士事務所を訪れる可能性もあるため、できれば事務所は自宅の近隣にあった方が便利です。

実力が気になる!税理士の経歴を確認

税理士を選ぶ以上は、税務の能力が高いかどうかについて注目する必要があるでしょう。そこで税理士がどのような経歴を持つのか、チェックするのが大切です。税理士として活動している以上は、必ず国家資格を取得しています。ただし資格取得やその後の経歴は、税理士によって様々です。国家試験を通じて資格を取得した税理士や、あるいはかつて税務署に勤めていた実績から資格を取得している税理士もいます。経歴チェックで実力を見極め、能力の高い税理士を選ぶのがコツです。

人柄が重要!税理士本人をチェック

相続税対策のため税理士に依頼する場合、最終的には本人に会って話をするのが一番です。対面して会話を交わしたからこそ分かる情報があります。税理士の服装や立ち居振る舞い、会話の内容から、おおよそどのような人物であるのか分かるでしょう。社交的でマナーが守れること、人柄の良さなどを確認します。その上で、相続税に関しての説明が分かりやすいかどうかや、相続税の相談に対して誠実に対応してくれるかをチェックします。

遺産を相続により取得したら相続税を支払う必要がありますが、それについてよく分からない場合には相続税の税理士に相談をするのが良いです。