携帯料金の現金化、方法を知って試してみよう

携帯料金の現金化とは?

携帯電話には、どのキャリアにも、携帯電話で買い物できるサービスがついています。利用限度額は、利用状況や契約年数によって変化しますが、大体5万円程度から、最大で10万円までの上限になっています。利用限度額は各キャリアのサイトで確認ができますので、今から確認してみるのも良いでしょう。この買物枠で商品を購入し、買い取り業者に販売することで、携帯料金の現金化ができます。商品の購入代金は翌月の携帯料金支払いと同時にされますので、先に買取の収入が入り、後で購入代金を支払う形になります。

どうやって買い取ってもらえば良いの?

自分でネットオークションに出品したり、高価買取業者を探すという手もありますが、主流なのは買取サイトの利用です。これにより、短時間で、自宅にいながら収入を得ることができます。具体的には、それぞれの買取サイトが指定する商品を、ケータイ払いによって購入します。商品は電子マネーなどが指定されます。購入した商品を業者に買い取ってもらいますが、その代金は自分の口座への振り込みになります。すべての作業は数十分で完結します。

利用にあたって気をつけたい点

手軽に、現金がすぐ手に入るという点で魅力的な携帯料金の現金化。しかしリスクもあります。買取価格が購入価格を下回ることが多いため、結局翌月の携帯料金支払いの際、買取収入より高い金額を手放すことになります。また、分割払いができないため、翌月一括払いできる見込みがない場合は利用ができません。携帯料金の遅滞が続くと、強制的に解約されるなどのリスクがあります。これらのデメリットを理解したうえで、携帯料金の現金化を検討してみてくださいね。

現金化とは現金ではないものを現金に変える方法のことで、ギフト券や商品券を換金することを指す言葉です。